しば

詩・詩論・資料、など

日本プロレタリア文学史論

飛鳥井雅道著 八木書店 昭和57年(1982)

目次

 序章 思想・感覚・文体

  一 一九一一年の問題

  二 『坑夫』のおかれた場所

  三 『海に生くる人々』と『蟹工船

 第一章 プロレタリア文学運動の時期区分

  一 「時期区分」の必要さ

  二 「出発点」はどこか

   a 『近代思想』の条件

   b 『種蒔く人』の場合

  三 「第二期」の問題と有効性

   a 『文藝戦線』の発刊

   b 新作家の登場

   c 再統一への機運

  四 「展開」と「崩壊」の時期

   a 「展開」の内容

   b 「崩壊」と長谷川一郎の意味

 第二章 一九二七・八年の情況

  一 問題の所在

  二 震災と文化運動の再出発

  三 福本主義の導入と分裂の時代

  四 一九二八年の「統一」の内容

 第三章 作家同盟の転換期・一九三一ー三三年

  一 一九三一年の蔵原惟人

  二 コップ活動の条件・一九三二年前半

  三 作家同盟の実態・一九三二年後半

  四 社会主義リアリズム論争と作家同盟・一九三三年

  五 むすび  唯研と作家同盟

 第四章 プロレタリア文化運動末期の「政治と文化」

  一 はじめに

  二 蔵原理論の背景

   a 革命の「切迫」

   b ソビエト文学の動向と文学理論

  三 ソビエトにおける社会主義リアリズム

 第五章 平野謙の登場 ーー一九三〇年代を中心に

  一 批判者の無効性

  二 処女作のころ

  三 「リンチ事件」と『断層』論

  四 高見順伊藤整論、そして中野重治

 第六章 民族主義社会主義 ーー火野葦平の場合

  一 はじめに

  二 兵隊作家の出身とその作品

  三 おわりに

【奥付】

飛鳥井 雅道(あすかい まさみち)

1934年 東京に生まれる

1957年 京都大学文学部卒業

現   在 京都大学人文科学研究所教授

著   書 『日本の近代文学

      『近代文化と社会主義

      『幸徳秋水

      『日本近代の出発』

      『坂本龍馬

      『近代の潮流』

      『鴎外 その青春』 ほか