しば

詩・詩論・資料、など

『偏向する強さ』反戦詩の系譜

f:id:shiba1183:20171011151139j:plain

井之川巨 著 一葉社 2001年12月21日

目次

  小野十三郎   短歌的抒情の否定

  壷井繁治    反戦詩人か戦争協力詩人か

  金子みすゞ   弱者にそそぐ目の確かさ

  李陸史     朝鮮独立運動で獄中死

  新井 徹    朝鮮から追放された詩人

  ぬやま・ひろし 頭の中に書かれた獄中詩

  倉橋顕吉    戦時下の文学的抵抗つらぬく

  白石維想楼   井上剣花坊・大杉栄の志つぐ

  中島国夫    軍服を着た反戦川柳人

  西東三鬼    「戦火想望俳句」が弾圧まねく

  秋元不死男   俳句事件が生んだ獄中吟

  尾村馬人    ぼうじゃくばじんの反抗

  鶴 彬     悩み多い詩人として出発

  峠 三吉    クリスチャンから翻身

  船方 一    石炭船で生まれた労働者詩人

  縄田林蔵    雑草のこころをうたう

  山田今次    孤立・後退する反戦

  菅原克己    『赤旗』プリンターだった抒情詩人

  吉田嘉七    飢餓島から生まれた厭戦

  濱口國雄    加害者として自己剔抉

  錦 米次郎   生涯百姓として風雪に耐える

  押切順三    現実をたんたんと語らせる詩法

  高島青鐘    母をおもい軍隊忌避

  神谷量平    自由律短歌で戦争・天皇を告発

  草津信男    戦争と革命の記憶

  槇村浩と金龍済 「死」と「転向」が分けた二人の詩人

  申有人を解読する五つのキーワード

  女たちの反戦詩 与謝野晶子から栗原貞子

  川柳は戦争をどう詠んだか

【奥付から】

井之川 巨

1933年東京生まれ

詩誌『騒』『原詩人』同人。日本現代詩人会・新日本文学会会員。

著書『君は反戦詩を知ってるか』

詩集『詩と状況 おれが人間であることの記憶』

  『死者よ甦れ』

  『オキナワ島唄

  『石油を食いすぎた胃袋』

  『かみさんと階段』