しば

詩・詩論・資料、など

ブラザー軒

菅原克己の詩。1958年12月飯塚書店発行の「日の底」所収。 仙台の七夕の夜、ブラザー軒で氷水を食べる亡き父と妹の姿をみるという内容。このブラザー軒は1902年創業の洋食の店(後に中華もあつかう)。仙台市青葉区一番町にあった。いまは閉店しているそうだ。(このあたりネット情報)。

この詩に高田渡が曲をつけ、CD「さびしいといま」のカップリングとして1997年に収録。ちなみに「さびしいといま」は石原吉郎の詩にやはり高田渡が曲をつけたもの。

(YouTubeブラザー軒)

淡淡と語られる静かな詩に、淡淡と歌う高田渡がぴったりあっている。このあたりの感動について、いずれ語れるようになりたいものだ。