しば

詩・詩論・資料、など

増補 転向文学論

本多秋五 著

未来社刊 1957・1964年

目次

   捨 子

   Ⅰ

 小林秀雄

 小林秀雄再論

 『ドストエフスキイの生活』をめぐって

   Ⅱ

 窪川鶴次郎論

 蔵原惟人論

 宮本百合子論の一齣

   Ⅲ

 転向文学と私小説

 転向文学論

 『暗い絵』と転向

 共同研究『転向』の書評

   Ⅳ

 文学は上部構造か

 人間性は上部構造か

 上部構造論についての手紙

 あとがき

日本プロレタリア文学史論

飛鳥井雅道著 八木書店 昭和57年(1982)

目次

 序章 思想・感覚・文体

  一 一九一一年の問題

  二 『坑夫』のおかれた場所

  三 『海に生くる人々』と『蟹工船

 第一章 プロレタリア文学運動の時期区分

  一 「時期区分」の必要さ

  二 「出発点」はどこか

   a 『近代思想』の条件

   b 『種蒔く人』の場合

  三 「第二期」の問題と有効性

   a 『文藝戦線』の発刊

   b 新作家の登場

   c 再統一への機運

  四 「展開」と「崩壊」の時期

   a 「展開」の内容

   b 「崩壊」と長谷川一郎の意味

 第二章 一九二七・八年の情況

  一 問題の所在

  二 震災と文化運動の再出発

  三 福本主義の導入と分裂の時代

  四 一九二八年の「統一」の内容

 第三章 作家同盟の転換期・一九三一ー三三年

  一 一九三一年の蔵原惟人

  二 コップ活動の条件・一九三二年前半

  三 作家同盟の実態・一九三二年後半

  四 社会主義リアリズム論争と作家同盟・一九三三年

  五 むすび  唯研と作家同盟

 第四章 プロレタリア文化運動末期の「政治と文化」

  一 はじめに

  二 蔵原理論の背景

   a 革命の「切迫」

   b ソビエト文学の動向と文学理論

  三 ソビエトにおける社会主義リアリズム

 第五章 平野謙の登場 ーー一九三〇年代を中心に

  一 批判者の無効性

  二 処女作のころ

  三 「リンチ事件」と『断層』論

  四 高見順伊藤整論、そして中野重治

 第六章 民族主義社会主義 ーー火野葦平の場合

  一 はじめに

  二 兵隊作家の出身とその作品

  三 おわりに

【奥付】

飛鳥井 雅道(あすかい まさみち)

1934年 東京に生まれる

1957年 京都大学文学部卒業

現   在 京都大学人文科学研究所教授

著   書 『日本の近代文学

      『近代文化と社会主義

      『幸徳秋水

      『日本近代の出発』

      『坂本龍馬

      『近代の潮流』

      『鴎外 その青春』 ほか

プロレタリア文学とその時代

f:id:shiba1183:20171011150917j:plain

栗原幸夫 著

インパクト出版会刊 2004年1月

目次

 増補版まえがき

 序章 知識人左翼の軌跡

 1章 全体的主体 中野重治

 2章 ”戦争と革命の時代” 一九三〇年

 3章 大衆化とは何か 芸術運動のボリシェヴィーキ化

 4章 「政治の優位性」論 批判的傍注

 5章 崩壊の論理 ナルプ解散前後

 あとがきーー方法論

補遺 起源とその後

 芸術の革命と革命の芸術

 始まり問題ーー文学史における近代と現代

 「大衆化」とプロレタリア大衆文学

 中野重治と転向の問題

 敗北のからの再建の道ーー三〇年代後半の中野重治

 総力戦と中野重治の「抵抗」ーー『斎藤茂吉ノート』

 「戦後文学」の起源について

解説 栗原幸夫の「文学と政治」 池田浩士

【奥付から】

栗原幸夫(くりはらゆきお)

1927年、東京生まれ

1950年、慶應義塾大学経済学部卒業

青木書店、『週刊読書人』、『日本読書新聞』などの編集部に勤務のかたわら、さまざまな新しい運動に関わりつつ、コミュニズム運動史、プロレタリア文学史を研究。

現在、文学史を読みかえる研究会会員。

著書

『転形期の政治と文学』

プロレタリア文学とその時代』

『死者たちの日々』

『肩書きのない仕事』

『歴史の道標から』

『革命幻談 つい昨日の話』

『歴史のなかの「戦後」』

『世紀を越える この時代の経験』

昭和詩史の試み

f:id:shiba1183:20171011151044j:plain

思想の科学社 2008年3月

羽生康二 著

目次

第Ⅰ部 昭和詩史の試み

序 章 変革期の詩人たち  1920年代の詩の状況

第1章 短詩運動から新散文詩運動へ  北川冬彦が歩んだ道

第2章 『詩と詩論』と春山行夫

第3章 プロレタリア詩と中野重治

第4章 組織と人間  中野重治の場合

第5章 「覆された宝石」の詩人・西脇順三郎

第6章 村野四郎『体操詩集』の魅力

第7章 農民詩人・猪狩満直

第8章 『春への招待』の詩人・江間章子

第9章 田木繁と『機械詩集』

第10章 詩の俳優・小熊秀雄

第11章 「歌と逆に歌に」をめざした詩人・小野十三郎

第12章 山之口獏の詩

第13章 岡本潤と壷井繁治 戦争協力詩の問題をひきずりつづけた二人の詩人

第14章 モダニズムから出発した抒情詩人・三好達治

第15章 昭和詩と北川冬彦

第16章 戦争協力詩をどう考えるか

第Ⅱ部 十五年戦争と詩人

第1章 時間と空間の詩人 大江満雄論

第2章 歌がよみがえるまで 伊藤信吉論

第3章 戦争協力詩を書かなかった詩人 秋山清

第4章 『辻詩集』を読む

【奥付から】

羽生 康二(はぶ こうじ)

1935年生まれ

1945年まで旧満州国新京市(現在の長春)で育つ。

1958年慶應義塾大学英文科卒業

1958〜2000年まで英語教師として慶應義塾高等学校で働いた。

現在 季刊雑誌『想像』を羽生槙子と一緒に発行

詩誌『いのちの龍』編集発行

著書 『ふるさとを持たないこと』

『近代への呪術師・石牟礼道子

『口語自由詩の形成』

詩集『やさしい動物たち』

詩集『夢の情景』

『偏向する強さ』反戦詩の系譜

f:id:shiba1183:20171011151139j:plain

井之川巨 著 一葉社 2001年12月21日

目次

  小野十三郎   短歌的抒情の否定

  壷井繁治    反戦詩人か戦争協力詩人か

  金子みすゞ   弱者にそそぐ目の確かさ

  李陸史     朝鮮独立運動で獄中死

  新井 徹    朝鮮から追放された詩人

  ぬやま・ひろし 頭の中に書かれた獄中詩

  倉橋顕吉    戦時下の文学的抵抗つらぬく

  白石維想楼   井上剣花坊・大杉栄の志つぐ

  中島国夫    軍服を着た反戦川柳人

  西東三鬼    「戦火想望俳句」が弾圧まねく

  秋元不死男   俳句事件が生んだ獄中吟

  尾村馬人    ぼうじゃくばじんの反抗

  鶴 彬     悩み多い詩人として出発

  峠 三吉    クリスチャンから翻身

  船方 一    石炭船で生まれた労働者詩人

  縄田林蔵    雑草のこころをうたう

  山田今次    孤立・後退する反戦

  菅原克己    『赤旗』プリンターだった抒情詩人

  吉田嘉七    飢餓島から生まれた厭戦

  濱口國雄    加害者として自己剔抉

  錦 米次郎   生涯百姓として風雪に耐える

  押切順三    現実をたんたんと語らせる詩法

  高島青鐘    母をおもい軍隊忌避

  神谷量平    自由律短歌で戦争・天皇を告発

  草津信男    戦争と革命の記憶

  槇村浩と金龍済 「死」と「転向」が分けた二人の詩人

  申有人を解読する五つのキーワード

  女たちの反戦詩 与謝野晶子から栗原貞子

  川柳は戦争をどう詠んだか

【奥付から】

井之川 巨

1933年東京生まれ

詩誌『騒』『原詩人』同人。日本現代詩人会・新日本文学会会員。

著書『君は反戦詩を知ってるか』

詩集『詩と状況 おれが人間であることの記憶』

  『死者よ甦れ』

  『オキナワ島唄

  『石油を食いすぎた胃袋』

  『かみさんと階段』

ブラザー軒

菅原克己の詩。1958年12月飯塚書店発行の「日の底」所収。 仙台の七夕の夜、ブラザー軒で氷水を食べる亡き父と妹の姿をみるという内容。このブラザー軒は1902年創業の洋食の店(後に中華もあつかう)。仙台市青葉区一番町にあった。いまは閉店しているそうだ。(このあたりネット情報)。

この詩に高田渡が曲をつけ、CD「さびしいといま」のカップリングとして1997年に収録。ちなみに「さびしいといま」は石原吉郎の詩にやはり高田渡が曲をつけたもの。

(YouTubeブラザー軒)

淡淡と語られる静かな詩に、淡淡と歌う高田渡がぴったりあっている。このあたりの感動について、いずれ語れるようになりたいものだ。

父よ

老人病棟に飛び交う幼児語

いらだちながら

まれに機嫌のいいとき

父はヒゲをそらせる

生気をなくした肌を走るカミソリ

小さなきっかけで薄く血がにじむ

簡単に削がれる薄紙に

いのちの向こうが透けて見える

   2

天気いいよ、と看護師が言う。

起き上がれない父に見えるのは窓だけ

青空ははるかに遠い

若いころに仰いだ満州の空ほどに

   3

ざぶとん抱えて戦車の下に飛び込む

ことの意味が

子どもにはわからなかった

それが俺の人生だったとつぶやいた父の目に

浮かんでいたのは苦い雲

初老に近くなった今、失われた父の人生と声をはじめて悲しむ

   4

半透明の管が病床に伸び

不明瞭な影を落とす

わずかにつなぎとめられたいのち

うすく開かれ乾いたくちびるに

言葉は崩れ去る

その濁りの奥に

まだあの時の意志はあるのか

父よ